全プランのお申し込み締め切りを10/10まで延長いたします。

宮田和子

牧野アンナ – Love Song 探して

作品へのコメント

コメント一覧 (4件)

  • 虚像なのか実像なのか、人なのか景色なのか。曲と合わせてジャケット写真を見ると、公共交通機関でイヤホンをして音楽を聴いているような気がする。世界から自身を切り離すために曲を聴いているのではなく、自分が主人公のドラマのバックグラウンドミュージックのような、気にしないと聞こえてこないような音を感じます。

  • 僕は無類の音楽好きなんだけれど、電車の中で携帯音楽プレーヤーで音楽を聴くことはしないんです。では何をしているのか・・・。電車の軋みや振動と雑音を聴きながら車内のマンウォッチと車窓の出来事を楽しんでいる。その感じがブワッと蘇る写真です。「あれ、そこの人、オレじゃね?」的な。

    人間いろいろな特徴があって、アプローチも様々で、、、なんだかそういうことって凄いなぁ~と思う。そこのアナタ。まさにラブソングを探してるんだろう。心に残りますね。

  • 写真を見たとき、世界の複雑さと細部を見てる人だなと思って、育緒さんの紹介読んだら納得しました。

  • 彼女は植物をモチーフにした写真をたくさん撮る。常に独特の生命観を吹きこみ、見る人をハッとさせてくれる。実は彼女、聴覚に障害がある。つまり音楽から映像イメージを作り出す作業のプロセスそのものが、彼女だけのオリジナルだということです。以下、宮田さんからのコメントを載せました。ぜひ読んでみてください。

    宮田「私は少なくとも幼稚園児の頃から難聴で、年々少しずつ低下している感じです。今は特に高音が聞き取れず、例えばピアノの高音域3分の1やバイオリン、フルート等の大半の音は補聴器をつけても聞こえません。基本的にライブもコンサートも映画もカラオケも行かないし、テレビも字幕を追っているだけで音を聞くことはあまりしないです。知ってる邦楽・洋楽も少ない(今回の課題曲は一曲も知りませんでした)。ただ、いくつかの例外はあります。ひとつはゲーム音楽、特にファミコン〜プレステ時代のBGMです。音数が少なくメロディーラインがはっきりしていて、高音部が聞こえない難聴者でも聴きとりやすいのです。今回参加したシングル「Love Song 探して」も元はファミコンゲーム「ドラゴンクエスト2」のBGMで、後に歌詞が付けられた曲です。このゲーム自体に「待ちぼうけ」要素があり、歌詞のイメージと合わせて写真を選んでいます。
    もうひとつは限られた洋楽で、特に好きなのはThe BeatlesとYESです。この2グループは大学生の頃までに友人に勧められて聴く機会があり、今も聴き続けています。共通するのはやはりメロディーラインが聞き取りやすい点だと思います。なお、歌詞は日本語であれ英語であれ言葉としてはかなりの部分聞き取れないので、私にはメロディーの一部という位置づけです。
    今回テーマ曲で選んだ「Don’t dream it’s over」は、系統としてはYESに似ていてメロディーも歌声もとても聞き取りやすかったので選びました。歌詞サイトと併せて聴き、花屋で葉を取られてもなお上を向いて咲くヒマワリの写真にしています」

    これまで他にも聴覚障害をもつ人がROCKYOUにエントリーしてくれたことがある。彼はコンサート会場に行ってスピーカーから出る波動を浴びたり、歌詞を読んだり、MTVの映像やミュージシャンのドキュメンタリー映画を字幕付きで見たりすることで自分なりの音楽観を築いてると言っていた。耳から聞いたことのない曲に対して彼が選んだ1枚の写真は、あまりにも見事に的を射抜いていて衝撃だった。私自身の世界が広がった。このイベントに、聴覚障害をもつ人たちがもっと参加してくれたらいいな。

作品へのコメントを書く

※コメントは事務局が確認後の反映となります。

目次
閉じる