村上尚之

HERBIE HANCOCK – MWANDISHI

画像をスワイプすると、ウラ面が表示されます。

作品へのコメント

コメント一覧 (10件)

  • ヒプノシスがデザインで用いそうな、シュルレリスティックなモチーフが印象的です。
    構成も秀逸で表裏のつながりにもリズムを感じさせます。

    • ありがとうございます。モニター上ではジャケット裏面の文字が小さくて読みづらいのですが、収録曲タイトルと写真との関連性も持たせることができたので、レコードサイズで手に取って見ていただくのを楽しみにしています。

  • まず、このマニアックな選曲にびっくり。Speak Like A Child以後、Head Hunters前くらいにリリースされたものだと思うんだけど、、ハービー・ハンコックの中では、異色作というのが僕の中の位置づけ。この作品を上げてくるってところに、制作者本人への興味が膨らむ。このジャケットで販売したら、セールス的にもっと行ったかも。そうファンクじゃなくて、プリミティブなんだよね。なんかスッキリした。

    • 異色のMWANDISHIをご存知で嬉しいです。
      今回、アルバムを選ぶ条件の一つとして「好きな音楽だけどジャケットがイマイチと思う」ものをチョイスして制作しましたので、私としてもこのジャケットで販売されたらもう少し売れるのでは、と自画自賛しています(笑)

      • いやいやマジでマニアックだよ。普通知らないアルバムだよ。僕は、ハービーだとファンク系なら75年のMan-Childがジャケットも含めて大好き。あと、笠井紀美子のButterflyは、ハービーのアルバムと思って聴いてたりする。Sunlightなんか、笠井盤は、かなりカッコいい。ジャズ系なら77年のThe Herbie Hancock Trioが好き。今でも普通によく聴く。Futureshock以降は、ダメだわ~合わない。そんな感じ。どっかで会うことがあったらぜひ声かけてね。まさかMWANDISHIが出てくるとは夢にも思わなかったよ!

        • Man-Childいいですね!私も好きです。普段聴くのはロック系が多いのでハービーについて深くは語れませんが、機会がありましたらお声掛けさせていただきます!

    • ありがとうございます!この表裏の2枚は、1組として何かで発表したいと思っていたところに今回のROCK YOUを知り、良い機会と思い制作しました。

作品へのコメントを書く

※コメントは事務局が確認後の反映となります。

目次
閉じる