越智友美

Sixpence none the richer – Don’t dream it’s over(3rd ver.)

画像をスワイプすると、ウラ面が表示されます。

Sixpence none the richer – Don’t dream it’s over(2nd ver.)

画像をスワイプすると、ウラ面が表示されます。

Sixpence none the richer – Don’t dream it’s over(1st ver.)

画像をスワイプすると、ウラ面が表示されます。

作品へのコメント

コメント一覧 (12件)

  • 2nd Ver.がいいんじゃないかと。
    イメージの統一感が全体に広がった感じ。

    ただ、ホントかつての裏面ももったいないなぁ~
    強くて好きなんだけれど・・・
    また来年、別のアルバムに生かすとか・・・会期に関わらず、なにか音楽albumをご自身で決めて
    作ってみるとか。
    ぜひ模索してみてください。

    • 2nd Ver.出したら誰かさんから「アカンっ!」って言われたので、3rd Ver.まで出しちゃいました。笑 今回はこれでご勘弁を…。
      1st Ver.の裏面気に入ってくださって、ありがとうございます。次の機会に生かしてみようと思うので、また見ていただけると嬉しいです。
      たくさんのアドバイス、ありがとうございました。

  • とても素敵なジャケット写真ですね。
    越智さんの曲からイメージする世界観に引き込まれました。
    追記:Crowded Houseの原曲しか聴いたことがなかったですが
    女性ヴォーカルも素敵ですね。

    • ありがとうございます。この曲は今回初めて聞いたんですが、SixpenceもCrowded Houseもどちらも好きですねぇ。
      YouTubeのCrowded Houseチャンネルで上がってる「Don’t Dream It’s Over (live from home, 2020)」がすごい好きで、何回も見てしまいます。最後のNeilの笑顔が可愛すぎる…!笑

  • 「終わった夢を見るな」って訳せばいいのかな? オレか? と、まぁこれは冗談。完成度高い! 現実の音楽産業の現場で考えると、裏面にアーティストのポートレート持ってきて完結という感じだと思う。裏面もなかなかの強さを持ってる。たしかに今のバランスだと打ち消しあってしまってるところは僕も感じます。裏なしで、1面完成作品でもいいかも。裏面は別の作品の表面として生かすとか。トワイライトゾーンなんかどう?

    • こうやってWeb上にアップされたものを客観的に見てみると、表と裏でそれぞれ味が濃すぎますね。別々の曲のジャケットみたいです…。たしかに、トワイライトゾーンで使えそうな雰囲気ですね!

  • 良すぎるんだよ。どうコメントしていいかまだ迷ってる。表とのコントラストが強くてインパクトがありすぎて、最終的に裏の方が見る人のエネルギーを持っていってしまうように感じてて。モノクロに変換して、不透明度を下げてみたらどうだろう?

    • この曲の陰と陽のような雰囲気をジャケットの表裏で表現したら、こんな感じになっちゃいました…。10月まで時間あるんで、裏面のデザインを考え直してみます^^

  • 曲との距離感が絶妙。この場所に立ってこの曲を聴きたいと思わせる。構図も色味も、タイトルのフォントも大きさも入れ方も、さりげなくセンスがいい。

    • ありがとうございます^_^
      でもウラ面が納得いってなくて…(そんなものを入稿するなよ!笑)、
      自分のスキルでは、これ以上どう調理すれば自分のイメージに近づけさせることができるのか分からない…。
      我こそは!という方、アドバイス絶賛募集中です!

作品へのコメントを書く

※コメントは事務局が確認後の反映となります。

目次
閉じる