岡 理恵

Visual Portfolio, Posts & Image Gallery for WordPress

桜流し – 宇多田ヒカル

画像をスワイプすると、ウラ面が表示されます。

聴き込むとタイトル通りの漂うものが浮かび上がってくるのでストレートに水と桜で、裏面を歌詞のイメージで考えてみました。

作品へのコメント

コメント一覧 (2件)

  • 確かに、曲を聴いてみるとよくわかるね、このイメージ。どこにもない独自の世界観が大胆に作れていると思います。表の桜の方を見ていると、高村薫さんの「李謳」という小説を思い出しました。文字選び、悩んだんじゃないでしょうか。難しかったでしょうね。いい選択だと感じます。自分で仕上げて届けてくれた作品、存在感を放っていますよ。

    • 水を表現する為に水紋の写真を探したのですが、手持ちがなくて水溜りに雨が降ってる時に撮ったものを加工して重ね、水の向こうに桜があることで記憶や想い出の奥にあることを表現したかったのです。
      わぁ!李歐、大好きです。すごく嬉しい!
      フォントは色までわりとすぐに決まったのですが、位置とサイズで迷い、ギリギリの小ささはどれくらいだろうと悩みました。
      裏面はとにかく高い場所から撮った特定しづらい街の写真を探して、祈るみたいな小さな子供の手を入れるかどうか、最後までかなり迷いました。

作品へのコメントを書く

※コメントは事務局が確認後の反映となります。

目次
閉じる