高田トシアキ

吉田拓郎 – アジアの片隅で

画像をスワイプすると、ウラ面が表示されます。

作品へのコメント

コメント一覧 (4件)

  • 批評性が含められたことで写真の意味が非常に強く感じられます。メッセージ性のある良い構成だと思いました。

    • 今年は戦後、被爆75年目の年です。
      その年の春、コロナ渦の平和公園を撮りました。
      その中で大切な節目の年として(アメリカは壊滅した広島を見て、この場所には75年間草木も生えないだろう。と言いました)シノゴカメラを持って歩きました。
      コロナ渦の平和公園は人がいない場所でした。

      そこで見つけた60年目のベンチです。

    • コメントありがとうございます。

      写真は時間を止めますが、時間は流れているのですね。
      そんな感じでサラリと。

作品へのコメントを書く

※コメントは事務局が確認後の反映となります。

目次
閉じる